本文へスキップ

広島のコミュニケーションを支える 広島県言語聴覚士会

広島県、広島市、福山市、呉市 主催

失語症者向け意思疎通支援者養成研修APH PARTNER SEMINAR

失語症とは

失語症は脳卒中などによって起こる言葉の障害です。失語症の人たちは会話が難しいことで家庭外へ出ることをあきらめてしまったり、緊急時や災害時の支援が受けにくいなど、社会の中で孤立しがちです。失語症の人たちが地域で安定した生活を送るためには、適切な知識と会話技術を持った意思疎通支援者が必要です。

広島県失語症者向け意思疎通支援者養成研修とは

失語症者向け意思疎通支援者として必要な知識と技術を学習します。
失語症者の自立と社会参加を図るため、「失語症者向け意思疎通支援者養成研修事業」の実施が国で定められました。
この研修の目標は、失語症の方との1対1の会話を行えるようになり、買い物・役所での手続き等の日常生活上の外出場面において意思疎通の支援を行えるようになる事です。
失語症者向け意思疎通支援者の修了者は、広島県登録者名簿に登録され、失語症者の意思疎通支援に携わることになります。

2022年度 開催概要 (2020年、2021年実施報告書はこちらをご覧ください)

応募
資格
失語症者の福祉に理解と熱意を有し、失語症者の意思疎通支援に携わることができる18歳以上の方
定員 30名
受講料 無料
会場 第1回〜第2回   オンライン(Zoom使用)
第3回〜第10回 福山市西部市民センター
オンラインビデオ会議ツール「Zoom」を使用して実施する研修があります。また、対面での受講ができないと判断した場合には、オンラインで実施します。受講にはネット環境および操作が必要となります。
講義

全10回(2022年8月〜2023年1月)

修了条件
  1. 全日程の出席
  2. 認定テストで6割以上の得点
  開催日 開催
形態
内容
第1回 8月7日(日)
9:00〜16:00
講義
開講式
失語症と意思疎通支援者の基礎知識
市民公開講座
会場 オンライン(Zoom)
支援STの方はこちらを確認してください。(1ページあります)
第2回 8月21日(日)
9:00〜16:00
講義
実習
コミュニケーション支援技法
コミュニケーション実習
市民公開講座
会場 オンライン(Zoom)
支援STの方はこちらを確認してください。(2ページあります)
第3回 9月4日(日)
10:00〜16:00
講義
実習
失語症のある人について
コミュニケーション支援実習
会場
福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(1ページあります)
第4回 9月25日(日) 
10:00〜16:00
講義
実習
身体介助の方法
身体介助実習
会場
福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(1ページあります)
第5回 10月2日(日)
10:00〜16:00
実習 コミュニケーション支援実習
会場
福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(1ページあります)
第6回 10月23日(日)
10:00〜16:00
講義
実習
外出同行支援
外出同行支援実習
会場 福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(1ページあります)
第7回 10月30日(日)
10:00〜16:00
実技 コミュニケーション支援実習
会場 福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(3ページあります)
第8回 11月20日(日)
10:00〜16:00
実習
外出同行支援実習
会場 福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(2ページあります)
第9回 12月4日(日)
10:00〜16:00
実習 コミュニケーション支援実習
会場 福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(2ページあります)
第10回 1月8日(日)
10:00〜16:00

修了式 他
会場 福山市西部市民センター
支援STの方はこちらを確認してください。(3ページあります)

申込

お申し込みは下記のPDFを確認いただき、下記のQRコードを読み込むか、コチラをクリックしてお申し込みください。

2022年度 広島県失語症者向け意思疎通支援者養成研修 チラシ

 

広島県言語聴覚士会事務局

〒731-5143
広島県広島市佐伯区三宅6-265
医療法人朋和会 西広島リハビリテーション病院 リハビリ部

TEL:082-921-3230
FAX:082-921-3237
E-mailhiroshimastkai@yahoo.co.jp