本文へスキップ

広島のコミュニケーションを支える 広島県言語聴覚士会

地域包括ケア関連the intergrated community care system

このページでは地域包括ケアに関する情報を発信していきます

地域包括ケアシステムの構築に向けて

専門的知識・技術でバックアップ!

言語聴覚士は
話す 聞く 食べる
話す  スペシャリストです


広島県言語聴覚士会の取り組みの紹介

 広島県では、県内の地域包括ケアシステムの推進において、地域リハビリテーションについての一定の知識を備えたリハビリ専門職等が、住民運営の通いの場や地域ケア会議に参画する仕組みを構築しています。平成30年度より、指定された研修を受講いただいたセラピストに、県から修了証書が交付されるようになりました。今後、住民運営の通いの場や地域ケア会議に参画していただく際に必要になると思われます。令和元年は下記日程で開催されますので、皆様、積極的に参加をお願い致します。研修の詳細は今後、研修案内にて公開いたします。

  令和4年度の地域リハビリテーション専門職等研修(基礎・専門)については広島県地域包括ケア推進センターのホームページにてご確認ください。

click
広島県地域包括ケア推進センター

click
研修情報



地域包括ケアシステムの中で参加可能な事業の例
@    介護予防把握事業 
  →閉じこもり等の何らかの支援を要する物を把握し、介護予防活動へ繋げる。
A    介護予防普及啓発事業 
  →介護予防活動の普及・啓発を行う。
B    地域介護予防活動支援事業
  →地域における住民主体の介護予防活動の育成・支援を行う。
C    一般介護予防事業評価事業
  →介護予防事業計画に定める目標値の達成状況等の検証・評価を行う。
D    地域リハビリテーション活動支援事業
  →通所、訪問、地域ケア会議、サービス担当者会議、住民運営の通いの場等へのリハ   ビリテーション専門職等の関与を推進する。

広島県地域リハビリテーション推進事業
click


※会員の方へ

会員ページに、平成27年度に行った日本言語聴覚士協会内山量史副会長による「我々に何が出来るのか2025年に向けて」の講演資料を掲載しています。地域包括ケアシステムについての概要や日本言語聴覚士協会が地域包括ケアシステムの中で言語聴覚士が位置づけられるように行っている活動等についてご講演頂いていますので、参考にして下さい。

※会員専用ページにはトップページからパスワードを入力して移動して下さい。パスワードを忘れた方は会報の第35号にてご確認ください。ブロック長や理事に確認していただいても結構です。
会員専用ページは広島県言語聴覚士会の会員(有料)のみとなっております。ご理解ください。



広島県言語聴覚士会事務局

〒731-5135
広島県広島市佐伯区海老園1丁目5-40

TEL:080-4261-7678
E-mailhiroshimastkai@yahoo.co.jp